乱ぐい歯・八重歯 (叢生/そうせい)

歯が重なり合ってデコボコの状態を叢生(そうせい)といいます。
これは主に歯と顎の不調和によって起こります。
叢生の場合、歯ブラシが行き届かない為に汚れが残りやすくなります。

デコボコだった歯ならびがきれいになることで、歯ブラシもしやすくなり、口元もスマートな感じになりました。

出っ歯(上顎前突/じょうがくぜんとつ)

上あごの骨、あるいは上あごの前歯が前方に出ている状態を上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。
これは主に上顎骨や下顎骨の成長発育や機能的問題(舌の運動、呼吸法、習癖 etc.)によって起こります。上顎前突の場合、口唇を閉じることが困難なため見た目が目立ちます。

前方に出ている歯が下がることで、口唇も閉じやすくなり、口元もスマートな感じになりました。

受け口(反対咬合/はんたいこうごう)

下の歯が上の歯よりも前方にある状態を反対咬合(はんたいこうごう)といいます。
反対咬合の場合、食べにくいだけでなく、聞き取りにくい話し方になる上、顔つきも少々しゃくれた感じになります。

矯正治療に外科手術を併用することで、自分の歯でしっかり物が噛めるようになるだけでなく、下顎骨自体が後方に下がることで顔つきのしゃくれた感じもなくなり、スマイルもとても自然です。
しゃくれた感じに悩んでいた患者様は、治療が終わるとみなさん大喜びです。

受け口(下顎前突/かがくぜんとつ)

下顎の骨が前方に出ているため受け口になっている状態を下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。
これは主に遺伝的要因、下顎骨の成長発育あるいは機能的問題(舌の運動、呼吸法、習癖 etc.)によって起こります。下顎前突の場合、食べにくいだけでなく、聞き取りにくい話し方になる上、顔つきも少々しゃくれた感じになります

矯正治療に外科手術を併用することで、自分の歯でしっかり物が噛めるようになるだけでなく、下顎骨自体が後方に下がることで顔つきのしゃくれた感じもなくなり、スマイルもとても自然です。
しゃくれた感じに悩んでいた患者様は、治療が終わるとみなさん大喜びです。

上下顎前突/じょうげがくぜんとつ

上下あごの骨、あるいは上下あごの前歯が前方に出ている状態を上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)といいます。
上顎前突の場合、口元が全体的に前方に突出するために見た目が目立ちます。

・治療後、マウスピースの着用を怠ると後戻りの可能性があります。